URAナノバブル水素水とは

URA ナノバブル水素水の特徴

 現代では、きれいで安全なお水を多くの方々が求められる時代となりました。
ご家庭や会社でも宅配されるお水を買われるようになっています。
また、健康には良い水が欠かせないと、研究機関での発表やメディアにも取り上げられています。
その中でも、水素水は近年大変話題となり少なからず認知されてはおりますが、悪質な商品や、価格が高価であること等の要因でなかなか手の出せないユーザーが多いのも事実です。
そこで、弊社では高機能で本当に体に良い水を毎日飲んでいただけるようこのクラスの水としては大変リーズナブルな価格でご提供いたします。


【URAナノバブル水素水の特徴】
  ①水素が多く溶けている。
    水素を多く含んでいることを表す数値として溶存水素濃度が表示されていますが
    「URAナノバブル水素水」の溶存水素濃度は1リットル当たり1.6ppm~1.8ppm
    高い数値を示します。

  ②還元させる力が強い
    酸素を除去する強さの目安として酸化還元電位(ORP)という数値があり、
    +で数値が大きくなるほど(酸化還元電位が高いほど)酸化する力が強くなり、
    -で数値が大きくなるほど(酸化還元電位が低いほど)還元する力が強くなることを
    表しています。
    通常の水道水は+200mv~+800mvと酸化還元電位が高く酸化させる力が
    強く、「URAナノバブル水素水」は-580mv~-650mvと高い還元力を示しま
    す。

 ③ナノバブル充填製法により水素が多く抜けにくい
    水に水素は大変溶けにくく、溶けてもすぐに抜けてしまいます。
    普通に水素を混入しただけでは封を開けた瞬間に水素が抜けてしまいます。
    「URAナノバブル水素水」はナノバブル充填製法により水素を多く含み、また、
    抜けにくくなっています。

 ④特殊バッグで水素が抜けにくい
    多くの水素水はアルミの容器に入っていますが、これは水素の分子が小さいため
    ペットボトルやステンレスの容器では水素が抜けてしまうからです。
    「URAナノバブル水素水」は二重構造方式のバッグ・イン・ボックスという専用に
    開発した特殊バッグを箱で覆った容器に入れています。これにより水素を保持する
    期間が長く保たれます。

  ⑤原水に富士山の天然水を使用
    「URAナノバブル水素水」は原水を富士山の麓、山梨県鳴沢村の標高1000mにある
    300mの深井戸から採取しており、良質なミネラルを豊富に含んでいます。
    玄武岩を6層にもわたり濾過されたこの井戸の水は殺菌処理なしでも飲むことが
    可能です。
    特にバナジウムを130μg/ℓと豊富に含んでいるのでいるのをはじめ水としては
    珍しく亜鉛も含まれているとても優秀な水を原水として使用しています。

【水素水とは?】
   水素水とは水素が含まれた水であり、水素は医療分野をはじめとするあらゆる分野で
   幅広い活用が研究されているほか、メディアでも健康や美容のサポートする力があると
   取り上げられています。
   水素は人のおよそ60兆個ある細胞に活力を与え、命を保つ基本的な分子です。



このページのトップへもどる